平成30年度後期 大原保育園の自己評価 

保育士

評価項目   評価内容  課題 
 保育目標について
● 保育者一人一人が指導計画の中で定着していることの重要性を再確認し、さらに活かしていこうと心掛けていけるようになった。 

  保育内容について ● 各クラスにパソコンが設置されたことで、システム導入がまた一歩進むことができた。主任の指導のもと、保育士一人一人が前向きに取り組み、保育計画が作成され記録がなされている。

● くつろいだ雰囲気の中で子どもの要求を適切に満たし、情緒の安定を図る保育が出来た。

● 田植えなど種まきからおにぎりパーティやしめ縄作りなど、子どもたちが体験的学びを得られた。

● 避難訓練を通して、いろいろな災害があることを知り、その都度避難の仕方の違い・大切さを知らせることができた。

● 外国籍の子どもに対しても、文化や習慣を保育士一人一人が尊重する心を持って保育にあたることが出来ている。

●外国籍の子どもに対しても、文化や習慣を保育士一人一人が尊重する心を持って保育にあたることができている。

● パソコン平等に使えるようタイムスケジュールが必要。

● 子どもの主体性をバランスよく取り入れる。
  健康管理
  ・食事について
● インフルエンザや感染症の流行に対しても、各保育者が視診・検温・発熱者の隔離・保護者への連絡など、きめ細かい対応が出来るようになった。

● 世界の料理を献立に取り入れることで、食への興味関心を広げ、楽しく食べることへと繋げられた。

● 園外保育における安全対策のためのマニュアルが保育士に浸透し、的確な判断が出来ている。

● 子どもの健康をしっかりと把握し、適度な運動・休息・水分補給により、健康な生活を作ることができた。

● アレルギー児対応において、除去はスムーズにできているが、解除において確認を慎重にしていきたい。

● 菜園活動が職員全体の意識に繋がっていないときがある。

● アレルギー児への意識を保護者と同じにしていく。
  職員構成について  ● 昨年までは、忙しい時期になると報・連・相が滞るときがあったが、今年度においては保育者全員が意識的に状況を確認し、必要に応じて連携を取り、共通意識を持っている。

● 支援が必要な子については、巡回指導などを通して、専門機関の先生と連携して助言をもらうなどして指導に繋げることが出来た。
  
   園内外研修について ● 研修参加への目的意識(何のための研修か)が明確になり、専門性を高める意識が出てきた。

● 研修してきたことを回覧するだけでなく、報告会を行うことで意見交換の場となった。また、報告者にとっても見直しになり、学びが深まった。

● 自己評価と研修計画・研修体系に沿って計画的に行うことが出来た。

● 園内公開保育も全クラス行うことができ、直後の反省会では参加者全員が意見・感想を伝えあい、学びの場になった。

評価・反省を次に生かすためにも、日々の保育の振り返りを大切にする。
  分掌・体制  ● リスク委員会においては、ヒヤリハットを職員全員が意識し、危険を感じたら考え、工夫し、安全への意識を高めることができてきた。

● コンプライアンス委員会においても、❝守れてますかコンプライアンス❞のつながりで問題点だけでなく、それに対してどう考えたのかを取り入れることで、“法令遵守”への意識がまた少し進んだように思う。

● 地域貢献実行委員会・環境・広報(レクレーション)と各担当の動きが明確になり、起動してきた。

   保護者支援
  地域との連携
● 保育園通信「わくわく通信」を地域の回覧板だけでなく、市役所の保育園・幼稚園課にも置いてみた。

● 園庭開放の内容の充実(来園者の希望に沿った活動・子どもが喜ぶおみやげ等)により参加者が増えてきた。

● 地域に愛され、信頼される保育園になるために❝地域貢献事業実行委員会❞が地域のニーズを探るための会議を地域の方と行うことができた。

地域を知るだけでなく、保育園を知ってもらうための工夫をさらに進めていく。
  自己研鑚について
●一人一人が保育内容に反映できるものに取り組もうと意識する傾向が見えてきた。(積極的に資格を取得する保育士もいる)

資格取得の支援も考えていく必要がある。


給食

評価項目 評価内容  課題 
  食育目標について ● 食育目標が保育士や保護者だけでなく、子どもにも明確にわかるように、子どもとの食事会や紙芝居など、伝える方法を工夫をしている。
 
● 保育方針・保育目標をよくとらえ、保育士・子どもと楽しめるようなものを取り入れている。
 調理内容  ● 離乳食の幅が広く、対応に無理があったため、人員を配置したことで年齢に応じた食の提供ができた。

● 手作りのおやつが定着してきたが、内容については日々考え、試行錯誤するなど、レベルアップへの意識がある。

● アレルギー・離乳食については、保育士・保護者と話して進めたが、人数が多く対応するために補助職員を入れて対応する。

  衛生管理 ● 清掃・消毒等、安全管理及び自主点検が確実に行うことができている。

● 衛生への意識を高めるため、本を読んだり情報収集にも努め、今回は職員に向けての研修を行うなど。

  食育について
● 子どもが喜ぶこと・経験できることなど、子どもの立場にたっての計画がなされている。

● 魚の解体ショーなど、実際に見ることで命の大切さなどを伝える機会を取り入れたことは、活きた保育につながっている。

 給食室の建物の古さにその都度対処しているが、今後リフォームで対応予定。
  保護者支援について ● “パパママキッチン”という名称で保護者に給食の献立をもとにクッキングタイムの共有と保護者との関係作りに努めた。
 子どもと一緒に企画してほしいという要望が出たので、検討したい


事務

評価項目 評価内容  課題 
  事務管理について
● 保育園運営に必要な事務を適切に行うことができている。

● 経理関係で疑問を感じたら、迅速にネットや資料で調べたり、積極的に理事長に聞くなどして能力を高めている。

● 研修会などにも意欲的に参加するなど、ステップアップしようとする姿勢が見られる。

● できるだけ残業しなくてよい時間配分。

● 経理の能力を高める。研修への参加・経験を充実させる。
  保育運営への参画 ● 保育の様々な場面で、第三者的立場(時には保護者的立場)での意見やコメントはとても参考になる。

● ホームページをタイムリーに更新していくことで、園のPRにも尽力している。

● 保育理念・方針をしっかりと把握し、適切な意見で保育士支援の姿勢も見える。

● 保護者からの電話については最初に対応することが多く、事前に子どもの情報などを収集し対応できるようにしている。

  自己研鑚について
● 目的に向け、取り組みは順調に進んでいる。労務関係の学習も意欲的に行い、実務の中に取り入れながら学習を深めている。

● 希望の保育実習時間の確保。